美玉の想い

美玉の想い

オーナー 塚本貴士

奇跡の温泉誕生秘話は「ウソのようで本当のお話」
地下1200mから湧出する源泉に一切手を加えず
湯船に満たして皆さまをお迎えいたします。

「美玉の湯」の誕生秘話は、
まさに「ウソのようで本当のお話」なんです。
私の祖父の塚本美代次(故人)が、
茨城県笠間市に住んでいた霊感の強いおばあさんから
「この場所を掘ると、硬い岩盤につきあたり、さらに掘り進めば効能
のある湯が噴き出す」と言われて、その通り掘り進めてみたら、
49.5℃の温泉が噴き出したのです。

当時、私は小学生で、美玉の湯の建物も何もなかったので、
道端に浴槽を置いて、自噴する温泉に入ったことを覚えています。
肥料商を営んでいた祖父はとても信仰心が篤く、
湧き出た温泉は神様からいただいた「霊泉」だとして、
「地元の農家さんたちに英気を養ってほしい」という思いから
「美玉の湯」を開業したのです。


湯は、天然ラドンを含むアルカリ性単純泉です。
透明感があってきれいな温泉はぬるすべっとした肌触りで肌にとても
優しく、お風呂から上がるとお肌が驚くほどすべすべになります。
冬は身体の芯からぽかぽかと温かさが長続きして、
夏には湯上りがさらっと気持ちいい不思議な温泉で、
開業当時から地元のお客様はもとより本当に多くの方々に永く愛され続けております。

地元に根ざした温かな雰囲気をそのまま今に残し、
ご家族や小さなグループでほっこり和める宿としてご利用いただいています。

湧出する温泉に加温も加水もしない、日本でも希少な本物の源泉かけ流しで、
毎日湯を抜いてまっさらで新鮮な湯を湯船に満たして
お客様をお迎えしたいと、スタッフ一同日々努力しております。


日々の自分へのご褒美に、ご家族やお仲間との楽しいひと時に。
最高級のお湯とお料理、宿をご提供しながらも、
ほっとくつろげる時間をお過ごしいただけるよう、
心を込めてお迎えさせていただきます。

オーナー 塚本 貴士

支配人 大熊貞雄

フランスの5つ星ホテルから
「世界の宝」の守り人へ

フランス・リヨン大学に留学後、「日本の代表としてフランスをはじめ
ヨーロッパで仕事をしたい」という思いが強くなり、
パリやベルギーの5つ星ホテルなどの支配人を務めてきました。
長年、ヨーロッパのホテルでお客様のおもてなしに邁進してきましたが、
小砂の「美玉の湯」に出会い、人生が一変しました。
「伝えたい最高の宿は日本にあったのだ」と実感したからです。

当宿自慢の源泉かけ流しの天然ラドン温泉は、
地下1200メートルから湧出しています。
空気に触れることなく、温度調節も不要のため、温泉本来の自然の状態。
これは、フランスのルルドの泉以上の、世界の宝だと感じています。
また、大きなホテルとは違い、すべてにスタッフの目が行き届くホテルであることも、
大きな魅力となっています。

更に、「フランスの最も美しい村」を範として始まった
NPO法人「日本で最も美しい村」連合に
小砂地区が登録されたことをきっかけに、
小砂の里山を美術館に見立てたアートプロジェクトも発足。
里山に伝わる伝統の焼き物の技術や、炭づくりの技「菊炭」、
小砂環境芸術祭開催における若手芸術家の質の高いアート作品も
観ていただくこともできます。

心と身体を芯から癒し、新たなひらめきを与えてくれる秘境は、
この日本、この小砂にあります。
都会の喧騒をしばし忘れて、最高の時間をお過ごしください。

温泉という素晴らしい文化をリスペクトしながら、
最高のホスピタリティとお湯で、皆様をお迎えいたします。

支配人 大熊 貞雄

  • お料理・お部屋
  • 温泉・露天風呂
  • プラン・ご料金

ページTOPへ