コラム

コラム

酸性の温泉とアルカリ性の温泉が肌に与える効果、違いについて

美玉の湯の泉質についてよく聞かれますが、泉質はアルカリ性単純温泉、しかも天然ラドンが含まれており、細胞の活性化、新陳代謝を活発にし、血液や体液をキレイにする作用があると言われています。アルカリ性の温泉は、皮脂を溶かし角質層を軟化させるため、肌がすべすべになり美肌効果がみられ、美人の湯、美肌の湯と呼ばれたりしています。

 

一方酸性の温泉は、殺菌力があるため、皮膚病に良いと言われ、古い肌を剥がし新しい肌に刺激を与えて自然治癒力を高める効果もあり、水虫や湿疹、アトピーなどの慢性皮膚病にも効果があると言われている。しかし肌には刺激が強いので注意が必要です。また飲用には胃を壊すおそれもありむきません。

 

酸性温泉、一般的には火山性の温泉で硫黄分が多く含まれ、日本の山岳地域火山地帯の温泉は古くから多くに存在し、広く親しまれております。那須温泉、草津温泉、箱根温泉、別府温泉等。

湧出量も豊富で、中には白濁色(にごり湯)の温泉もあり、一般的には温泉のイメージは火山性の温泉かと思います。酸性温泉も代謝機能を促し、温泉の持つ効果はありますので、アルカリ性温泉が優れているとかの判断は難しいと思います。どちらを好むかは、その人その人の好みになりますが、いずれにしても温泉療法等を望まれる方は、医師に相談されてからどのような泉質を選ぶかを判断されると良いと思います。

 

また古くから温泉通の方は、酸性の温泉に入った後の上がり湯は、アルカリ性の温泉で仕上げと言います。

 

例えば、那須山に行かれ那須の火山性酸性温泉に入られた方は、美玉の湯の非火山性のアルカリ性温泉で洗い直し、湯あがりに美味しい超軟水の美玉の水を飲まれたら最高、健康的ですね。

ページTOPへ